しかし保険外治療の場合、保険機関から支払いはされない

医師の仕事は人を救うこと。たとえ保険医療で禁じられていても。

この記載は当然といえば当然です。では肝臓や腎臓障害の患者には何を投与すればよいのでしょうか。投与するクスリはありません。まるで禅問答です。慢性関節リウマチの患者は、関節の痛みのため消炎鎮痛剤の内服は必須です。そして、患者の3割が副作用による胃炎や胃潰瘍を合併しているのが現状です。このことから慢性関節リウマチの患者に消炎鎮痛剤を処方する時には、胃薬も一緒に処方するのは当然ですが、「胃潰瘍の患者に消炎鎮痛剤は禁忌」の項目を鬼の首でも取ったように組合側は指摘してくるのです。

このような杓子定規の言いがかりに医療機関はじっと耐えているのです。医師の使命は人の命を守ることですから、保険医療で禁止されていることでも必要な治療はやらなければいけません。ここに医師としてのジレンマが生じてきます。医師としての裁量権は認めても、支払いは拒否するのです。現在の医療費の支払い拒否は一から3%ですが、これは1から3%が保険外治療であることを意味しているのではありません。

この数倍以上が拒否の対象になるのですが、保険組合が黙認しているにすぎません。保険組合はこの金銭のタヅナをうまく使い分けているのです。この保険医療の矛盾をよく表わしているのが最新医療になります。最新医療は前例がないので保険では認められていません。メソトレキサートは慢性関節リウマチの治療薬として世界的に第一選択薬です。しかし日本では厚生省が保険医療として認めていないので、保険適用外になっています。ヘリコバクターピロリーが胃潰瘍の原因として新聞紙上で取り上げられていますが、どれほど治療効果が優れていても、治療薬である抗生剤は当然保険の適用外なので支払い拒否、やってはいけない治療になります。
ずっとメタルバンドのボーカルをしており、毒々しいタトゥーが全身に入っていました。しかしもうバンドは辞め、タトゥーがコンプレックスになっているのでタトゥー消すお店のある大阪で相談をしてみようと思います。
眉毛をきれいに整えるための美容脱毛 心斎橋へうけにいってきました。女性が多かったですが、なかには男性のお客さんもちらほらいました。時間はほぼ5分ぐらいしかかからなかったです。
母親がB型肝炎感染者で訴訟を起こせるのは直接集団感染した母だけかと思っていましたが、その母から母子感染した私も訴訟を起こすことができると最近知りました。
理想の職場に就職するために看護師に必要な求人イロハを調べ、熟読したので完璧だと思います。レアな非公開の募集などを探し出して、良い条件で契約したいと考えています。


最新情報
2014/08/14 オススメ記事を更新しました。
2014/08/10 新着記事を更新しました。
2014/08/09 規制緩和が必要を更新しました。
2014/08/06 地方の公共施設を更新しました。
2014/08/04 皮肉なパターンを更新しました。
2014/08/02 プライドを傷つけを更新しました。
2014/08/01 医師の仕事は人を救うこと。たとえ保険医療で禁じられていても。を更新しました。
2014/07/29 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
看護roo!(カンゴルー)転職サポートe-ナース看護師の求人・転職・募集情報なら【看護師プロ】
首都圏、関西、東海の厳選された病院のみの看護師求人サイトです。20年の実績があり、全国の医療機関の看護師求人採用をサポートするサイトです。看護師求人情報の提供や、専属カウンセラーによる転職サポートなどを受けられるサイトです。